高級賃貸はやっぱり住みやすい?

高級賃貸で魅力のホテルライクな部屋

ホテルライクな部屋

高級賃貸と言うのは、マンションの場合ですと、広々としたエントランスホールが備わっており、まるでホテルのような造りになっているのが特徴ですが、ホテルのようになっているのは、エントランスホールだけではありません。
高級賃貸マンションの場合、建物の外側にバルコニーが来る形、つまり内廊下の造りになっていることがあり、ホテルのような落ち着いた佇まいになっていることがよくあります。
また、部屋の中についても、ホテルのような仕様になっていることがよくあります。床材や扉の色のチョイスであったり、高さのある天井や窓など、随所にホテルライクな部分を確認することができるものです。
また、高級賃貸マンションの場合には、各部屋の魅力だけでなく、ゲストルームと言って、マンションに訪れた人が寝泊まりすることができる共用施設が用意されていることもあります。
このゲストルームの内装は、下手なホテルの客室よりもオシャレな使用になっていることがあり、ステータスを感じることができるものです。

高級賃貸選びで大切な方角

高級賃貸を選ぶ場合に、意外と忘れがちなのが方角です。
安全な構造と高級な仕上げ材、充実した設備機器が備わった高級賃貸でも、部屋の向いている方角が悪いと、せっかく選んだ高級なイメージが損なわれてしまいます。
住宅で南向きの部屋が良いとされるのには理由があります。日本では夏場と冬場では太陽の方角と高度が異なります。そのため冬場では正午に日射量が多くなり朝晩はさほどではありません。
一方、夏場は朝と晩の日射量が正午の日射量よりも多くなります。部屋の窓が東又は西に向いている場合は、冬はさほど日射が入らず、夏場に強い日射を受けてしまい暖冷房負荷を上げてしまいます。 絵画の制作など日射が邪魔になる場合は北向きの部屋を選ぶと良いでしょう。